49

池上本門寺について

池上本門寺は、東京都大田区にある寺院です。
      
      

池上本門寺は

弘安5年(1282年)10月13日、日蓮聖人が61歳で入滅された霊跡で
日蓮聖人は、弘安5年9月、病気療養のため身延山から常陸の湯に向かわれる途中に、武蔵野国池上(現在の東京都大田区池上)の郷主・池上宗仲公の館で亡くなられました。長栄山本門寺という名前の由来は、「法華経の道場として長く栄えるように」という祈りを込めて日蓮聖人が付けられたものです。大檀越の池上宗仲公が、日蓮聖人入滅の後、約7万坪の寺域を寄進され、お寺の礎が築かれ、以来「池上本門寺」と称されています


 本殿
 
本殿
            

池上本門寺では

 毎年10月11日から13日の三日に亘って日蓮聖人の遺徳を偲ぶ「お会式法要」が行われます。お逮夜にあたる12日の夜は30万人に及ぶ参拝者で賑わっています。
                                    お会式
  
お会式       
 

TOP案内図供花申し込みお問い合わせ → TOP